<< 2016-08- | ARCHIVE-SELECT | 2016-10- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

真夏にまたまた蒜山へ

ナナパパです。

本日ナナパパが4泊5日の東京出張から帰ると、ナナが玄関で元気いっぱい大騒ぎでお出迎えです(笑)。ナナの突然の体調不良ですが、ほぼ絶好調に回復したようです。よかった、よかった。

ところで、8月初旬のことですが、またまた家族で蒜山へ泊まりに行きました。(どんだけ蒜山がすきやねん(笑))。今回は夏休みで帰岡しているちく兄も一緒です。クリスマスコテージの貸別荘に宿泊です。

20160930_02.jpg
蒜山へ到着後、貸別荘の近所の川へ遊びに行きました。川の水は井戸水のように冷たくて気持ちいいです。ウチの近所の高梁川のぬるま湯のような水とは大違いです。

20160930_04.jpg
川で遊んだあとは、車で蒜山高原キャンプ場へ移動しました。3月の終わり頃に来たときは無人のキャンプ場でしたので気兼ねなく散歩出来ましたが、今回は利用者がけっこういたのでキャンプ場の端っこのほうを少しだけ散歩しました。

20160930_05.jpg
キャンプ場のあとは、休暇村蒜山高原「白樺の丘」を散歩です。蒜山三山と牧場の風景を眺めながら、のんびりと歩きました。

20160930_06.jpg
夕食は、今回は室内で焼肉です。6月にちょっぷ村で屋外でバーベキューしたときに蚊に刺されて大変だったので、今回は室内にしました。ナナもたくさんのお肉を美味しくいただきました。

20160930_09.jpg
夕食後、ナナはお疲れのようで、早々におやすみです。

20160930_11.jpg
翌日、早朝散歩に、まずはひるぜんジャージーランドに牛を見に行きました。今回もたくさんの牛がいましたが、ナナは慣れたのかあまり驚きませんでした。

20160930_12.jpg
つぎに、上蒜山登山道入口へ行ってみました。

20160930_13.jpg
車1台がやっと通れるような狭い緩やかな坂道を歩きます。

20160930_14.jpg
しばらく歩くと、牧場がありました。この牧場のすこし先に上蒜山登山道入口があります。

20160930_15.jpg
振り返ると、そこそこいい眺めです。

20160930_16.jpg
ナナの散歩のあと、すこし貸別荘でのんびりしてから、帰路につきました。帰るときに、貸別荘の前で記念撮影です。

20160930_17.jpg
さらに、帰る途中で、「蒜山高原 愛の鐘」で記念撮影しました。

真夏の蒜山高原はけっこう涼しくて快適です。倉敷あたりよりも4~5℃くらい気温が低いです。空気も爽やかです。照りつける太陽のもとでは、さすがに暑いですが、日陰に入ると涼しくて気持ちがいいです。ナナも楽に散歩が出来ます。ますます蒜山ラブです(笑)。(^_^;

★ランキング参加中です。よろしければぽちっとお願いします★
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

| 旅行 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ナナが突然体調不良に

ナナパパです。

9月の初めのことですが、ナナが突然体調不良になりました。ドッグランで元気よく遊んだ翌日に、急に元気がなく食欲もなくなりました。だるそうですが、下痢や嘔吐はなく、しんどそうでもないので、単なる疲れかと思い、静かに休ませて様子をみていたのですが、更に翌日には全く食欲がなくなり、動かなくなり、散歩にも行こうとしなくなりました。

20160925_01.jpg
そこで、これは何か悪い病気かと、行きつけのペットクリニックで診てもらいました。血液検査をしましたが、その結果は・・・・・ALT、ALP、TBIL、BUN、CRE、P の値が標準よりも高く、肝臓や腎臓が悪くなっていました。さらに、目に黄疸も出ていました。

20160925_02.jpg
肝臓や腎臓の4種類の薬等と皮下輸液を処方されました。食欲が全くないので自宅で皮下輸液です。注射針の刺し方、輸液の仕方を獣医さんに教えてもらい、ナナが自ら何か食べられるようになるまではラクテック注500mLを日に1本、家族の手で自宅で皮下輸液を行いました。薬等は葛湯にまぜて無理やり飲ませました。治療を始めてから1週間くらいは、なかなか回復しているようには見えず、ほとんど食べないので、みるみる痩せて行きました。普段は37Kg前後の体重が32Kg以下に落ちてしまいました。

20160925_03.jpg
それでも、1週間を超えたくらいから回復にむかい、自ら食べるようになり、皮下輸液を止めました。10日目くらいからは、よく食べ、よく動くようになりました。初診から2週間後に、ペットクリニックで再度血液検査をしたところ、まだ全ての項目が標準値に収まっているわけではないのですが、だいぶ改善されていました。処方された薬も1種類になりました。散歩も意欲的に行くようになりました。

今回のナナの突然の体調不良には、まいりました。ナナも大変だったと思いますが、家族も大変でした。初めての皮下輸液をし、食べられそうなものを少しでも食べさせ、薬等を無理やり口に押し込んで、静かに休ませて、回復を待ちました。以前のように元気に遊べるようになるんだろうか、寝たきりになってしまうのか、ひょっとしたらこのまま虹の橋に行ってしまうんではないか、等とても心配しました。でも、ようやっと元気になり、なんと今日は3週間ぶりにドッグランに行き、以前と同じように元気に遊ぶことができました。

ところで、ナナは毎年1回、1月25日の誕生日のあたりで健康診断を受けています。今年の健康診断では特に異常は無かったのですが、今回の突然の体調不良です。もし7~8月あたりでも健康診断を受けていれば、病気の兆候が見つかって対応がとれていたかもしれません。ナナも今度の誕生日で6歳になります。いい歳です。これからは健康診断は年2回にしようと思います。(^_^;

★ランキング参加中です。よろしければぽちっとお願いします★
にほんブログ村 犬ブログへ

| その他 | 16:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |