<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

カーミングシグナル

ナナパパです。

中古本でおもしろい本を購入しました。タイトルは「カーミングシグナル」です。著者はノルウェー人のトゥーリッド・ルーガス女史です。この本自体は5~60ページほどの薄い本ですが、ある意味その内容はとても厚い気がします。

P1050878.jpg

その本の概要と感想です。

●カーミングシグナルとはなにか。
 オオカミの本では、他のオオカミとの間の争いを避けるボディランゲージを「カットオフ」シグナルと表現していますが、犬にもこのようなボディランゲージが同様にあり、これを「カーミングシグナル」とします(カットオフ=止めるというより実際には予防のためにつかわれるので)。ストレスや不安を感じた時に自分を落ち着かせるために、他者に安心感を与え友好的であることを知らせるために、他人や他犬と仲良くしたい時に、これを使います。そして、人間もこれを知り、犬達との関わりの中でこれを使うことで、お互いの良い関係づくりに大いに役立ちます。

→ナナを見てると、あくびしたり、体をブルブルしたり、下を出して口のまわりを舐めたり、急に匂い嗅ぎを始めたり、いろいろな動作をしますが、これが単に生理的な意味あいだけではないということなんですね。自分の緊張をやわらげたり、相手にも「もっと落ち着こうよ」といったり、そういったボディランゲージという意味もあるようです。

●カーミングシグナルにはどんなものがあるか。
 ①顔の向きをかえる。
 ②目をそらす。
 ③体の向きを変える。
 ④鼻を舐める。
 ⑤固まる。
 ⑥ゆっくり歩く、ゆっくりとした動きをする。
 ⑦遊びの姿勢をする。
 ⑧スワル。
 ⑨フセル。
 ⑩あくびをする。
 ⑪匂い嗅ぎをする。
 ⑫カーブする、またはカーブを描いて歩く。
 ⑬間に割って入る。
 ⑭尻尾を振る。
 ⑮子犬のような行動をする。

→カーミングシグナルには人間にも共通するものと犬独特のものとがあるように思います。人間でも街中で知らない若い衆どうしが目と目があったらケンカになります。犬も同じなんですね。知らない犬どうしはいきなり正面からは近寄らない、目と目は合わせないのが礼儀のようです。あくびもそうですね。人間でも緊張したときは生あくびが出たりします。犬も眠くないはずなのにあくびをするのは緊張しているからのようです。「匂い嗅ぎ」は、ドッグランなどでナナを怖がってガルガルいうワンコがいるとナナが急に下を向いて「匂い嗅ぎ」(してるふり?)を始めます。するとガルガルいわなくなったりします。相手を落ち着かせる効果があるのかもしれませんが、人間にはマネできません(笑)。

ちなみに....
IMG_2338.jpg
ナナを布団ですまきにしたところ、ペロッと舌をだして口のまわりを舐めました。これは、嫌がっているのか、それとも喜んでいるのか....????

著者は、この本の終わりのほうで「犬の攻撃行動はストレスに対処し生きていくための単純な反応という可能性が高いです。犬にストレスをかけないために、あなた自身がカーミングシグナルを見て、認識して、使うことを学んでください。犬のトレーニングやハンドリングにおいては、手荒く扱う手法や、暴力、痛みを伴うものはやめてください。」と述べています。私はかねてよりナナに「穏やかで、生き生きとした、フレンドリーなワンコ」になって欲しいと思っていますが、そのためにはナナに余計なストレスをかけないように、私自身がカーミングシグナルを見て、認識して、使うことが大切であると感じました。(^_^;

★ランキング参加中です。よろしければぽちっとお願いします★
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

| 書籍紹介 | 08:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT













非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://dog7777.blog.fc2.com/tb.php/235-d291e98e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>