<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ナナと王墓の丘史跡公園へ

ナナパパです。

岡山県倉敷市庄新町にある「王墓の丘史跡公園」に行ってきました。玉島から山陽道を利用し、倉敷インターから国道429号を南下し、平田の信号を左折し県道を岡山方面に行き、新幹線沿いの道を走り、ばら園北口のひとつ手前の信号を左折して庄新町の住宅団地に入り、その住宅団地の一番奥のほうに公園の駐車場がありました。我が家からここまで車で22~3分くらいです。

20130929_01.jpg
駐車場から坂道を少し上がると公園の入り口です。

20130929_02.jpg
公園の入り口のそばにある案内看板です。これによると、公園は楯築地区・日畑赤井堂地区・王墓山地区に分かれていて、楯築遺跡・王墓山古墳・日畑廃寺などの史跡のほか60基にものぼる古墳が残されている、とのことです。

20130929_03.jpg
まずは、楯築地区に入ります。ゆるやかな坂道を登っていきます。

20130929_04.jpg
坂を登りきると、住宅団地のための大きな給水タンクがありますが、そのむこうに楯築遺跡があります。楯築遺跡は、弥生時代最大の墳丘墓として全国に知られている、とのことです。

20130929_05.jpg
ここからは、わりと景色もよく、岡山の吉備津方面が望めます。

20130929_06.jpg
さらに、楯築地区の遊歩道を歩きます。木々がうっそうとしています。やぶ蚊が多いのには閉口しました

20130929_07.jpg
ときどき、遊歩道沿いに古墳が現れます。形が崩れているらしく、ほとんど古墳には見えません。6世紀後半頃に築造されたもの、とのことです。

20130929_08.jpg
楯築地区はやぶ蚊が多いので早々に引き上げて、つぎに王墓地区に行ってみました。子供たちがフットベースの練習をしているグランドから遊歩道を登っていきます。

20130929_09.jpg
遊歩道を登りきると王墓山古墳があります。6世紀後半頃に築造されたもの、とのことです。

20130929_10.jpg
古墳のわきには石棺が置いてありました。立派な石棺です。古墳の主はかなりの有力者だったようです。

20130929_11.jpg
王墓山古墳を下から見上げます。大きいです。

20130929_12.jpg
さらに、遊歩道を歩いていくと所々に古墳があります。

20130929_13.jpg
これは横穴古墳跡でしょうか・・・・。なお王墓山地区は、さほどやぶ蚊はおらず歩きやすいです。ナナと一緒に遠い昔に思いを馳せながらノンビリと公園内を散策しました(笑)。

ところで、楯築地区にある楯築遺跡は、なんと弥生時代の墳丘墓です。弥生時代にこのような大きな墳丘墓が築造されたとは、今更ながら岡山の吉備地方の歴史の深さに驚きました。(^_^;

★ランキング参加中です。よろしければぽちっとお願いします★
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト

| その他 | 21:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT













非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://dog7777.blog.fc2.com/tb.php/300-f776c8c5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>